×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外車の修復歴について

自分が乗っていた外車を買取り業者に買取ってもらう時に今までに直した経験があすると安くなってしまわないか不安になると思いますが、外車を販売する時には今までの修復歴の定義というものがあります。

例えば車内のエアコンが壊れたので直したとか、窓のパッキンを取りかえたというのは修復歴にはなりません。こういったものはある意味で消耗品として扱われていますから、修復にはならず査定に影響してしまうようなこともありません。

どのようなものが修復歴になるのかと言うとぶつけてしまって板金を行ったという時や、走っていて車の下側をぶつけてしまい、オイルが漏れてしまったのでそういった部分を修復したという場合にはきちんと修復歴として残ってしまいますから、査定にもある程度影響してくると思います。

しかしある程度影響してくるとは言っても、修復せずにそのままの状態でいるよりもキレイな状態にしっかりと直していれば大きく響いてしまうことはありません。特に部品を新しいものに付け替えたのだという場合にはメリットになる場合も多く、マイナスになってしまうような事も少ないと思いますよ。

買い取り業者によって修復となる経費なども多少違っていますが、このようなことを頭に入れておけば、中古車を販売する時のポイントもつかめるのではないかと思います。

何度も車をぶつけてしまって、板金しているような車は確かに査定額に影響してしまうと思いますが、本当に小さな傷が出来てしまって、全く見た目にもわからないほどきれいに修復されているのであれば査定額には影響しません。